胃腸の状態が悪いのに、筋肉をつけたり、スポーツでよい成績をあげようというのは、考えてみれば無理な話です。いくら栄養のあるものを食べても、食べたものを十分に消化・吸収できなければ、運動に必要なエネルギーをつくり出すことも、体を大きくすることもできません。そう考えると、消化器の健康は体づくり、パフォーマンス・アップを支える重要な要素です。そして、それに役立つのが「プロバイオティクス」なのです。「プロバイオテイクス」とは何か?「プロバイオティクス」いう名を初めて聞く人もいるかもしれません。簡単にいえば、消化器内で健康にプラスの働きをする有用な微生物のことです。人間の体内には数十兆もの微生物が(口の中や、特に消化器系に)生息し、それらのなかには人間にとって有益なもの、害となるもの、益も害もおよばさないものが混在しています。消化器内ではこうしたさまざまな微生物が″競合関係″にあり、胃腸の状態(消化器の運動性や酸素量、酸性度、栄養源となる物質の変動など)に応じて、細菌群に変化が起こります。特にここ”年の研究から、こうした腸内細菌の重要性が認められ、健康増進に役立つ有用な細菌を「プロバイオティクス」と呼び、サプリメントも開発されるようになりました。

 

プロバイオティクス、つまり消化器系に住む有用細菌にはさまざまな種類がありますが、このなかで最も研究が進み、重要度も高いのが、乳酸かん菌(ブルガリヤ菌、ヨーグルト菌、アシドフィルス菌、カゼイ菌など)と、ビフィズス菌の2種類です。乳酸飲料やヨーグルトなどでもおなじみのものですが、これらを治療目的で使う生菌製剤や、健康増進に役立つサプリメントとして開発した製品も続々登場しています。また、この他にも、納豆などの醗酵食品もプロバイオティクス製品に含まれます。これらの細菌の最重要の働きは、腸内の有害菌の繁殖を抑え、腸の働きを活性化することです。腸内環境を整え、消化・吸を促進し、便通を整えることで、有害な腐敗物や発がん物質などの発生を抑えたり、除去し、免疫力を高めたり、がんへの抵抗力を高めることができるといわれています。

 

 

また、乳製品を摂ると腸に不調の起こる乳糖不耐症の人でも、発酵乳(ヨーグルトなど)であれば体内での乳糖の代謝が助けられ、問題を避けることができます。さらに、病気の治療で抗生物質を服用しているときにも、プロバイオティクスが効果をあげます。抗生物質は体に悪い菌だけでなく、有用な菌まで殺してしまうので、抑えられていた病原性の菌が力を取り戻し、下痢やその他、いろいろな病気を引き起こす場合がありますが、腸内に有用な菌が十分にあれば、こうした状況を防ぐことができます。