人間の体のたんぱく質を構成するアミノ酸

人間の体のたんぱく質を構成するアミノ酸は、20種類に分類されています。この20種類のアミノ酸それぞれが筋肉づくりに必要なのですが、特に「必須アミノ酸」を十分に摂ることが大切です。これが基本になるわけですが、そのなかでも最も筋肉づくりに重要だと考えられているのが、グルタミンと策岐さ鉾アミノ酬といえるでしょう(どちらか一方が重要というより、両方を摂ればより効果的です)。グルタミンは、いわゆる「必須アミノ酸」ではありませんが、筋肉づくりをすすめたい人にとっては必須ともいえるアミノ酸です。実際、筋肉づくりを追求するトップボディビルダーたちの間では、グルタミンは″必須″のサプリメントといつてもいいほどの位置づけで摂取されています。以下に、グルタミンが筋肉づくりに重要な理由についてポイントをあげてみます。

 

 

ロイシン、イソロイシン、バリンの3 つを総称して「BC A A」または「分岐鎖アミノ酸」と呼んでいます。*2 20種類のアミノ酸のうち、人間の体内で合成できないアミノ酸を「必須アミノ酸」といいます。必須アミノ酸に含まれるのは、イソロイシン、ロイシン、リジン、メチオニン、フエニルアラニン、スレオニン、トリフトフオン、バリン、ヒスチジンの9種類です

 

グルタミンにも注目!

グルタミンは、スポーツ・サプリメントとしてだけでなく、医療用としても非常に重要視されているアミノ酸です。たとえば、グルタミンは骨格筋に貯蔵されているアミノ酸の約60%を占めています。グルタミンがこれほど大きな割合を占めているということは、非常に重要な役割を担っていることを示すものといえます。このグルタミンが不足すれば、筋肉の分解(筋肉が失われていくこと)につながるので、筋肉の細胞内のグルタミン量が維持されている必要があります。また、腸の細胞やリンパ球など、短時間で分裂する細胞にとつて使いやすいエネルギー源は炭水化物や脂肪ではなく、グルタミンなのです。さらにこの「万能」ともいえるアミノ酸は、体内で窒素を運んだり、巨大分子(たんぱく質や核酸など)の前駆物質になったり、体内の酸性度のバランスを維持する役割も果たしています。したがつて、体内でたんぱく質の分解がすすむトレーニングなどのストレス下の状況では、食事などによつて体外からグルタミンを摂取しなければ足りなくなってしまいます。以上のことが、グルタミンが「条件によつては必須アミノ酸」といわれることの意味です。